とんぼ名物“飛騨牛ひつまぶし”食べ方はお好みで

炭火ステーキとはまた違った趣向でお楽しみいただけるのが、飛騨牛ひつまぶしです。

名古屋名物ひつまぶしをアレンジし、最高の素材でとんぼ流に仕上げました。 肉は飛騨古川産プレミアム飛騨牛の中でもロースを使用。適度に脂身が入ることにより本来の甘みが出てきます。

タレは飛騨牛ひつまぶしのために作り上げたオリジナルのもの。和の材料だけでなく、バルサミコ酢なども調合し、薬味や出汁との一体感を引き出します。

シンプルな味付けのステーキとは対照的に、様々な味の変化をお楽しみいただける一品。ぜひ一度ご賞味下さい。

最高級プレミアム飛騨牛 “飛騨古川産飛騨牛”

舎人庵とんぼでは、清らかな環境の飛騨古川で、自然の植物性飼料のみで育まれた、 特別上質な飛騨牛のみをお出ししています。

契約牧場「がもう畜産」では日本一の銘牛「安福号」の血を受け継ぎ、種付けから肉牛として出荷するまで、全国でも例の無い地域内一貫生産(飛騨古川の一部地域のみ)を実現しています。

それにより徹底管理された品質は、飛騨牛の中でも最高級の「プレミアム飛騨牛」です。とんぼではさらに余分な脂身や端肉をカットし、最も美味しい部分だけをお客様にご提供しています。

当地域ではとんぼでしか味わえない「プレミアム飛騨牛」を、心ゆくまでお召し上がり下さい。

飛騨牛の味を生かす オリジナルブレンドのタレ

ひつまぶしの味のポイントの一つ「タレ」

飛騨牛の旨みを引き出し、ご飯との相性のいいタレを試行錯誤して作り上げました。この味に辿り着くのに何回の試作をしたのか分からないくらい色々な組み合わせを試しました。

うなぎのひつまぶしとは違うとんぼ名物の「飛騨牛ひつまぶし」のタレの要は、芳醇な香りと酸味が絶妙なバルサミコ酢です。

飛騨古川産の飛騨牛を使ったひつまぶしを是非一度ご賞味下さい。

お召し上がり方

うなぎのひつまぶし同様、飛騨牛のひつまぶしも三通りの食べ方でお楽しみいただけます。

まずはおひつから茶碗に移し、一杯目はそのままお召し上がり下さい。

独自に作りこんだタレと肉の旨みが素直に感じられます。 二杯目はお好みでねぎ、山葵、海苔を添えて。新たな食感、香りや味覚が加わり、その中で飛騨牛の存在感がより一層引き立ちます。

最後にお出汁を注げば、さっぱりとしたお茶漬けに。溶け出したタレや肉の旨みも残すところなく、熱いうちにかき込んでお召し上がり下さい。

ひつまぶしメニュー